Wordpressによるウェブサイト制作を目指す方のための制作のポイントや技術的なことを書いています。

ワードプレスサイトの引っ越し&コピーは「duplicator」プラグインが簡単で便利

 | 

ワードプレスで作ったサイトを引っ越したい、または、環境をコピーして新しいサイトでそのまま使いたいという場合は、duplicatorプラグインを使うのが便利です。

引っ越し先のドメインでワードプレスをインストールしておく

最初に、新しいドメインでワードプレスをインストールしておきます。

引っ越し元でduplicatorプラグインをインストールする

引っ越し元のサイトで、duplicatorプラグインをインストールします。
「プラグイン」⇒「新規追加」で「duplicator」 を検索。インストールして有効化します。

インストールが完了したら有効化します。

引っ越し元データをダウンロードします

DuplicatorからPackagesをクリックします。



右側のCreateNewをクリックします。



Name欄で適当にわかりやすい名前をつけて、右下のNextをクリックします。



スキャンがはじまります。



完了したら、すべての項目がGoodになっていることを確認してからBuildをクリックします。(サイトの規模が大きすぎる場合はNoticeの表示が出る場合があります。サーバーによってタイムアウトしてしまう場合があります。)



Building Packageの表示が出て



完了画面が出ます。One-Click Downloadをくりっくすることで、インストーラーとアーカイブの両方がダウンロードされます。



FTPでアクセスし、wp-config.phpファイルを待避させる(上書きされるのを避けるため)。



インストーラーとアーカイブをアップロードする。



ブラウザから 設置したinstaller.php にアクセスをします。
https://あなたのドメイン/ installer.php

エンターキーを押すと以下のようにURLが変わります。




このような画面になりますので、Valiationの+をクリックして開きます。



このように、すべてGoodになっていればOK。もしWarnが出ていたら、さきほどのwp-configの待避をおこなってください。




I have read…のところにチェックを入れ、Nextをクリックします。




Please waitの画面が出て…




データベースの設定の画面になります。
データベースのホスト名、データベース名、ユーザー名、パスワードを入力します。




ホスト名の確認方法は、Xサーバーの場合、 サーバーパネルの「MySQL設定」→「MySQLの一覧」ページ下部のMySQL5.○情報で確認します。
(他サーバーの場合、検索すれば確認方法が出てきます)

または、さきほど待避させたwp-config内をみれば、すべて記載されています。

Test Databaseをクリックします。




下記のように緑の表示が出ていれば、データベースの設定はOKです。Nextボタンで次に進んで下さい。




確認の画面が出てきます。




結果画面が出ます。すべて緑のGoodが出ていれば無事完了です。Admin Loginからログインしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です